2016年10月17日

イトウ剥製のリフォーム

過去に他社で製作されたイトウの剥製をリフォームしました。
特に頭部や尾の付け根、色などかわいそうな状態でしたが、頭部の造形と位置調整、眼・舌の入れ換え、尾の付け根の造形、ヒレの修正、塗装の剥離と再塗装などの処置によりガラッと変身、蘇りました。

剥製のリフォームの方法は塗装だけのやり直しから、一旦皮を剥がして形から作り直す方法など色々、できることの限界はありますが、その剥製の状態や予算などに応じて対応できますのでお気軽にご相談下さい。

以下、依頼主様のコメントをFB記事より抜粋。喜んで頂けたようで良かったです(^^)

「10数年前に作った剥製がヒドイ状態(完成直後から)だったんで修復していただきました。
 去年フィッシュクラフトマツモトさんに作成して頂いたニジマスの剥製を見て、その仕上がりのリアルさと美しさと迫力に、マツモトさんなら釣った時の状態に限りなく近づけてくれるのでは?と修復を決意。

目の入れ替え、頭部造形、各ヒレの造形、着色し直しで、ここまで見栄えが良くなるとは思いませんでした。
 修復故に模型やレプリカの様な状態になるのが不安だったのですが、流石の腕前です。以前より何倍もリアルさ、生命感を取り戻して帰ってきました。
 色々と無理を言いましたが、ここまで希望に応えてくれるとは思いませんでした!本当に嬉しいです!
 さらに愛着が湧きましたので大事に大事にします!本当にありがとうございました(((o(*゚▽゚*)o))) 」
F7BC6B43-B5DF-4127-B80B-EF8A702AE7D7.jpg94C134EA-3C69-4845-B061-685005D4A5B2.jpg
B9690397-EDC6-4669-902B-9C6A9492F486.jpg

posted by フィッシュクラフトマツモト at 17:31| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 剥製のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442883473

この記事へのトラックバック